ホーム > 記事 > 肩こりの原因になる姿勢とは?

肩こりの原因になる姿勢とは?

2016年2月25日

カテゴリ

気づかない間に進行する悪い姿勢

近年デスクワークやスマートフォンの普及によって
肩や首が前に出ている姿勢の人が非常に多くなっています。
このような姿勢では、見た目が格好悪いだけでなく
身体の前後の筋肉バランスが崩れ
関節や筋肉に負担がかかり
肩こりや首こり、頭痛など様々な症状の原因となります。
a452de9b84ce0d7bbbc6753170491e9e_s
本来正しいアライメントでは
骨格で身体を支えられているため
筋肉の負担は最小限になっています。

肩こりの原因になるアッパークロスシンドロームとは?

私たちの身体は、背骨を支えるために
筋肉や靭帯があらゆる部位に存在し
独特の静的支持(止まっている時の安定性)と
動的機能(身体を動かすための機能)
を持っています。
それを機能単位と言い
最小機能単位は2つの脊椎と
1つの椎間板で成り立っています。
いわゆる悪い姿勢を続けていると
このような機能単位がうまく働かなくなり
それを補うために一定の筋肉や靭帯に
負担がかかるようになります。
これが上半身で特徴的な場合に起こるのが
アッパークロスシンドローム(上部交差症候群)です。
緊張、短縮している姿勢筋として挙げられるのが
①斜角筋
 
②胸筋
 
③僧帽筋上部線維
 
④胸鎖乳突筋
 
⑤後頭下筋群
といった筋肉で
機能低下を起こして
働きにくくなっている筋群として
 
①僧帽筋中、下部線維
 
②菱形筋
 
③深部頸椎屈筋群
などがあり、その対角線を結んでできる線が
クロスしていることから
このような名前が付いています。
頭が前方にくることによって
斜角筋の起始と停止の位置が変化し
本来頚椎屈筋の斜角筋が上部頚椎の伸筋になり
上部頚椎は過度伸展位に
下部頚椎は屈曲位になります。
このような姿勢では関節に
過剰な負荷が加わり続けるため
頚椎の前弯の減少などから骨棘が形成され
椎間板の脱水と弾性の消失によって
退行性関節症の原因にもなります。

パワープレートを使った姿勢改善

パワープレートは独自の3次元振動によって
以下のようなトータルなアプローチができます。
①関節への固有振動刺激によるアライメントの改善
 
人体のあらゆる器官は運動しているため
それぞれの周波数をもっています 。
・全身 5 Hz
・脊髄 8 Hz
・頭部 18 Hz
・内臓 20 Hz
・眼球 20 Hz
その中で関節は約35Hzが固有振動数となり
この振動を与えることで
関節は最も反応し、動きやすくなるのです。
この環境下で関節に対するモビリゼーションを行うことで
今まで可動性が失われていた部分の機能を高め
アライメントの改善と神経伝達を促進します。
 
 
②緊張、短縮筋のストレッチ
パワープレートでのトレーニングは
 緊張性振動反射と共に多シナプス反射によって
ゴルジ腱器官等に作用して筋を弛緩させ
筋の柔軟性を高めます。
短縮して硬くなってしまった筋肉には
パワープレートを使ったストレッチが
非常に有効です。
 
③弱化筋の筋力強化による再発予防
15分でジムトレーニング1時間相当の運動量を確保でき
通常40%程度しか使えていない筋肉を
意識とは関係なく反射的に97%動員させ
効率的に筋力強化を行うことができます。
肩こり、首こりなどの根本原因には
このような姿勢によるゆがみが関わっている可能性
が必ずあると言っても過言ではありません。
ぜひパワープレートでゆがみを正して
健康な体をつくりましょう!
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)