ホーム > 記事 > トレーナー向け > 自律神経をコントロールして冷えを改善

自律神経をコントロールして冷えを改善

2016年11月12日

カテゴリ

自律神経のしくみ

自律神経が支配する組織や器官には

基本的に交感神経と副交感神経が両方走っていて

促進(アクセル)と抑制(ブレーキ)という役割を持って

それらをコントロールしています。

(唾液腺はどちらの神経もアクセルの役割をしています)

しかし、その中で交感神経だけが分布している部分があります。

それは

①汗腺

②血管

③立毛筋

です。

これらの3つは冷え性と非常に深い関係があります。

汗腺は暑い時に体温を下げるために汗を分泌させるところですし

血管は血液が熱を運ぶための重要な通り道です。

立毛筋は寒い時に毛穴から熱が放出されるのを防ぎます。

ですから交感神経の機能(緊張、弛緩)をコントロールすることが

冷え性改善には有効になります。

 

神経のトーヌス

  神経にはトーヌス(自発性活動)というものがあり

一般に安静の状態でも 常時、自発的に活動しているのです。

トーヌスは自律神経中枢の支配を受けて増えたり

減ったりして機能が調節されています。

ですから多くの血管は通常、交感神経である血管収縮神経のトーヌス下で

軽度の収縮状態にあり、交感神経の活動が高まると血管はさらに収縮し

その部分の血流は減少します。

 一方、交感神経の活動が低くなると

その部分の血管は拡張して血流は増加します

 
 そのため、ストレスや低温にさらされやすい環境
冷える食事、筋力不足、冷えやすい服装)など
交感神経のトーヌスが高い状態が続く環境下では
血管は拡張しないため 常に血行不良に陥り、冷えが悪化していくのです。

パワープレートで冷えを改善

 冷え性の状態では、交感神経が緊張したり、弛緩したりといった
メリハリがなく、常に緊張していたり
働かなければいけないときに働かないといった状態になっています。
(寒いところで立毛筋が収縮しないといけないときにうまく働かずに
熱がどんどん逃げてしまい、強い冷えを感じることなど)
冷えの改善には交感神経の緊張を緩めることと
体で作られる熱の量を増やす必要があります 。
交感神経の緊張をとるには、
パワープレートを使ったマッサージが有効です。
振動刺激によって、交感神経がリラックスして血管の筋肉が弛緩し
全身の血流が改善します。
 そして産熱に有効なのがパワープレートを使ったトレーニングです。
体で作られる熱の実に40%が筋肉から作られており
パワープレートは振動が筋肉を動かしてくれるため
鍛えることが難しい深層の筋肉まで刺激することができ
簡単に鍛えることができます!
 深層の筋肉量が増えれば深部体温である直腸の温度が高まり
体全体の温度も上昇し、冷えにくい体をつくることができるのです!
特に女性は男性に比べ、筋肉量が少なく冷えやすいので
積極的にトレーニングしていく必要があるのです。
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)