ホーム > 記事 > パワープレートでランニング速度を高める

パワープレートでランニング速度を高める

2018年2月2日

カテゴリ

 

短距離走で必要な要素とは?

短距離走のパフォーマンスは、最高速度にできるだけ早く到達する能力と

この速度をどれだけ維持できるかが重要ですが

そのためには、強い筋力に加えて、素早い筋収縮が求められます。

パワープレートによる全身振動は、筋肉の長さに変化をもたらし

筋肉のセンサーである筋紡錘という感覚センサーを刺激することで

緊張性振動反射という反射が起こります。

これが動きの効率化に関与しており、パワープレートの振動を受けている筋肉の

運動単位の動員閾値(どれくらいの刺激で筋肉が動くかという値)が

通常の筋収縮と比較して低くなるため、筋肉の反応が非常に高くなります。

これは、パワープレートでトレーニングを行うことでより小さい刺激で

筋肉を動かせるようになり、反応も速くなるということを示しています。

また、パワープレートトレーニングが素早く瞬発的な動きに必要な

速筋線維の動員を向上させるという報告もあります。

パワープレートを使ったランニング速度の影響に関するデータ

国際的学術誌『Journal of Sports Science  and Medicine 2007』で

発表されたデータでは経験の浅いアスリートにおいて

短距離走の運動学的特性や瞬発力を有意に向上させるという

仮説を立てて次のような実験を行いました。

24名の志願者を無作為に2群に分け、

1群はパワープレートで6週間のトレーニングプログラムを行い

対照群はトレーニングを行いようにしました。

 

パワープレート群は、ウォーミングアップの後

16~36分のセッション

(静的のスクワット、ワイドスクワット、片脚スクワット)を

週3回おこない過負荷原則に従ってプログラムの強度を上げました。

その結果、パワープレート群では、

10m、20m、40m、60m走のタイムが

有意に向上し、全体で2.7%の向上率があったそうです。

また、ストライド(歩幅)が5.1%、走行速度が3.6%

カウンタームーブメントジャンプ

(沈み込んでからすぐに切り返して跳ぶジャンプ)が3.3%

瞬発力の持続時間が全体で7.8%増加しました。

 

 

この実験で言えることは、

パワープレートを用いたアクセラレーショントレーニング

感覚受容器と神経伝達を刺激し伸張反射

(走る時やジャンプの時のように筋肉が伸ばされたことによっ

ておこる反射)の効率を高めることができるということです。

それによって、今まで難しかった

実際のスポーツ動作に特異的なトレーニングが可能になり

運動効率の向上と、ケガの予防といった効果が生まれるのです!

これは短距離走に限った話ではなく、ランニング全般に有効で

それは多くのスポーツは伸張反射を利用した動きがほとんどだからです。

私たちのスタジオでもそれを証明するような
素晴らしい結果が出ていますのでぜひご覧下さい。
レゾナンスがランナーの方に選ばれる秘密
代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)