ホーム > 記事 > パワープレートで風邪を引きにくい体をつくる

パワープレートで風邪を引きにくい体をつくる

2016年6月11日

カテゴリ

風邪症候群について

風邪症候群は一年を通して最も罹りやすい病気であり

日本人は年間で平均6回かかると言われています

症状は鼻、喉、気管、気管支、肺などの呼吸器と

その周辺の炎症で始まりこれが原因で

鼻の乾き、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどが起こります

炎症が広がると喉の激しい痛み、咳、痰などが出て

こじらすと呼吸器系全体に炎症が広がり
発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、下痢、吐き気、腹痛、
全身倦怠感などの症状が起こります
原因となる病原微生物の80~90%はウィルス
ライノウィルスが最も多く、その次にコロナウィルス)で
飛沫感染により広がり、
疲労やストレスの蓄積、睡眠不足他の病気による抵抗力の低下
不規則でバランスの悪い食事、喫煙習慣、寒さや乾燥などの
誘発因子があると発症しやすくなります

風邪と免疫力

治療は薬による対症療法が中心で、
安静、保温、栄養を心がけ栄養としてはビタミンB1、B2、
Cを水分とともに補給することが大切です
これらに加えて重要なのが
自分の体で風邪のウィルスと戦う免疫力の強さです
免疫細胞の働きは、深部体温にかなり左右されます
深部体温が1℃下がると免疫力は40%も下がってしまい
逆に1℃上がると5倍になると言われています!
なぜ深部体温なのかと言うと、
免疫細胞の70%は腸に集まっているからで
37度~38度で最も良く働きます(深部温度は直腸温度とも言います)
すなわち腸の温度を上げることが丈夫な体を作る上で必要不可欠なのです!
ではどうすれば腸の温度を上げられるのでしょう?
体でつくる熱の約40%は筋肉から出るものです

すなわち、腸に近いところにある筋肉

(主に腸腰筋などの腹筋群)を鍛えることで
そこから出る熱を増やし深部温度を上げれば、
免疫細胞が活性化し 丈夫な体になるのです!
パワープレートは振動が筋肉を動かしてくれるため
鍛えることが難しい深層の筋肉まで刺激することができ、
簡単に鍛えることができます! 
私が担当しているお客様の中でも、
ここ何年も汗をかいたことがないという方が
一回のレッスンで汗だくになるほどの筋肉運動と
血管拡張効果がパワープレートにはあるのです!
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)