ホーム > 記事 > パワープレートとメタボリックシンドローム

パワープレートとメタボリックシンドローム

2016年5月14日

カテゴリ

メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームとは

 
インスリン抵抗性(インスリンの効きが悪くなっている状態)
 
2.脂質異常症(従来言われていた高脂血症の状態)
 
3・高血圧
が個人に合併する 心血管病容易発症状態のことで、
過去には「死の四重奏」と呼ばれていました

344733

動脈硬化を促進し、循環器疾患(心疾患、脳血管疾患)
の危険を高めることから ガンと並んで成人保険の主要な課題となっています

メタボリックシンドロームの病態が存在すると
2型糖尿病の発症は4~6倍に増加すると言われています 日本では2005年に
「メタボリックシンドローム診断基準」発表され、指標として
1.ウェスト周径(男性85cm以上、女性90cm以上)に加え
2.リポ蛋白異常(血清中性脂肪150mg/dl以上
 
血清HDLコレステロール値40mg/dl未満のいずれかまたは両方
3.血圧高値収縮期血圧130mmHg以上
 
拡張器血圧85mmHg以上のいずれか、または両方
4.高血糖(空腹時血糖110mg/dl以上)が定められています
2008年の「国民健康・栄養調査」の結果によると
メタボリックシンドロームが強く疑われる人と
予備軍と考えられる人を合わせた割合は
男性では30代で約25%、40代で約43%、女性では30代で約5%
40代で約8%だったそうです
40~74歳ではメタボリックシンドロームが強く疑われる人は
1070万人 予備軍者数は約940万人
合わせて約2010万人と推計されています
このようなメタボリックシンドロームにおいて
男性の罹患率が高いのは 女性は皮下脂肪がつきやすいのに対し
男性は内臓脂肪が溜まりやすいためで

内臓脂肪を減らすには?

内臓脂肪を減らすにはやはり運動が一番です

パワープレートの振動は
内臓の筋肉を含めた深部の筋肉を動かすことができるので
内臓脂肪を効率よく燃焼させます
内臓脂肪を減らす理想のトレーニングは
先に筋力トレーニングによって全体のエネルギー消費を増やし
血中に脂肪が増えたところでウォーキングなどの有酸素運動を行うことです
これにより、動脈硬化を防ぎながら脂肪を減らすことができます
企業内での福利厚生の一環としての運動促進
福祉施設でも取り入れられています

パワープレートを使った内臓脂肪の減少のデータはこちら

肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)