ホーム > 記事 > パワープレートについて > アクセラレーショントレーニングの歴史

アクセラレーショントレーニングの歴史

2016年5月21日

カテゴリ

人体と振動の関係

パワープレートはアクセラレーショントレーニングの理論に基づいて

特許技術である3次元の振動を使い、

人体に加速度を与えて様々な効果を発揮しますが

人体の能力を高めるために振動が使われた歴史は、

古代ギリシャにさかのぼります

この時代から医師は振動が人体の障害に有効であることを知っており

刺激を必要とする体の部位に振動を伝えるために

綿で覆ったノコギリを使用していたという記述が残っています

 

 

宇宙開発とアクセラレーショントレーニング

そして1960年代に旧東ドイツのW ・ビーアマン教授は 体温、代謝機能、

筋力といった身体機能が振動に反応する様子を研究し

振動を神経筋系の生理機能を説明のツールとして説明していました その後、

この振動をトレーニングに応用したのが、旧ソ連です 1970年代のはじめに、

宇宙飛行士が宇宙空間の無重力状態によって

体力が低下するのを防ぐためにアクセラレーショントレーニングが生まれ
1970年代には、この画期的なトレーニングにより
同じく宇宙開発競争をしていたアメリカが120日の宇宙滞在だったのに対し
ロシアの宇宙飛行士は420日という長期滞在を可能としました

後年、振動に関する科学が幅広く研究されるようになり、

アクセラレーショントレーニングが 筋力、柔軟性、筋パワー、骨密度、
循環及び回復に対して有効であることが 示されるようになりました  

 

  

 

1999年には、オランダのオリンピックコーチであるグース氏が

Carmelo Bosco博士とともに今までの振動技術を進歩させた
パワープレートを開発し
2003年にアメリカの宇宙事業を管轄している
NASAがパワープレートを導入し
再び宇宙計画に採用されるようになりました
 

 

パワープレートの広がり

現在パワープレートは90か国以上の国で紹介され

医学、美容、スポーツといった幅広い分野で使用されていますが
アクセラレーショントレーニングがこのような多くの分野に応用されるのは
私たちが常に受けている重力を利用しているからで、
全ての動作には重力関わっています この力をうまく利用するパワープレートは、
私たちの体に素晴らしい恩恵を与えてくれるのです

 

 

 

肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

 

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)