ホーム > 記事 > トレーナー向け > パワープレートが痛みを抑える!?

パワープレートが痛みを抑える!?

2018年9月13日

カテゴリ

痛みとは組織の損傷があることを知らせるための

警告として非常に重要です。

しかし、炎症反応が治まっていても

残ってしまう痛みもあります。

五十肩や変形性の関節症などで見られる

関節の拘縮(関節運動が制限された状態)は

運動時に痛みを発し、リハビリの大きな障害となります。

痛みがあるので動かさない 

→ 一層拘縮が進み、可動域が減少する

という悪循環になってしまうからです。

このような慢性的な痛みは

脳が痛みを記憶しているため

痛みを出さずに可動域を広げていくことは

とても困難で時間がかかります。

また重大な損傷があった場合

痛みを抑制することができると

激しい痛みがある場合と比べて

回復速度が最大で3倍速くなる

というデータもあるそうです。

 

 

パワープレートによる痛みの抑制

 

 

パワープレートの全身振動は

2つの方法で痛みを軽減します。

 

①セロトニンによる下行性疼痛抑制系

 

パワープレートの振動刺激は

神経伝達物質であるセロトニンの

脳内における分泌を促進させます

セロトニンは体の各部位で

それぞれ異なった働きをしますが

脳内では精神の安定作用があり

セロトニンレベルが低下すると

鬱になると言われています。

この伝達物質が脊髄に降りかかると

痛みの刺激が脳に伝わるのをブロックするため

痛みを感じにくくなります。

 

②ゲートコントロール

 

私たちは打撲などをした時に

無意識に患部を押さえますが

これには科学的に証明された理由があり

それがゲートコントロールです。

私たちの体を取り巻く神経は

それぞれ太さが異なり

太いほど伝わる速度が速いという特徴があります。

痛みの神経よりも触覚の神経は

太く速度が速いため

押さえることで一時的に痛覚刺激を

ブロックすることができ

痛みを軽減させているのです。

パワープレートの振動は一秒間に30~50回という

振動刺激が皮膚の表面にも伝わり

触覚の神経を興奮させて

痛みをブロックすることができます。

私自身もパワープレートのこの能力を生かして

五十肩、変形性膝関節症などのお客様に対して

とても良い結果が出ていることを実感しています。

 

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

次世代フィットネスマシン、パワープレートについては

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体、マッサージの違いについては

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)