ホーム > 記事 > レベルアップ研修 > 森柾先生研修 -表情筋マッサージで若々しく-

森柾先生研修 -表情筋マッサージで若々しく-

2018年3月17日

カテゴリ

今日は森柾先生の表情筋に対する研修がありました。

森柾秀美先生は、プロのエステティシャンを育てる

モリマサプロフェッショナルスクール

の学院長をされています。

日本人でありながら、エステティックの本場である

フランスのディオールのサロンのトリートメントプログラムの作成

エステティシャンの指導も行っています。

表情と感情の密接な関係

表情筋は、感情と密接な関係があり

脳の大脳基底核(被殻、尾状核、淡蒼球からなる部分)

というところから感情や表情が生まれています。

Dr.マックリーンは脳を機能によって

以下のように分類しました。

・知性の座(新皮質):顕在意識

思考・意思・判断・感性

・本能の座(旧皮質):潜在意識

私たちの欲求を司る部分で

以前までは3大欲求と呼ばれていましたが

現在は4大欲求と言われています。

①食欲

②性欲

③睡眠

④集団欲求

・生命の座(古皮質):無意識

呼吸・心臓の動きなど

生命活動の大本にあたる部分を司っています。

大脳基底核は、この新皮質と

旧皮質の間にあるエリアになります。

 

表情筋について

表情筋は18個の筋肉があり、

一般的に身体を動かす筋肉は骨格筋と言って

骨から骨に向かって筋肉が付いています。

表情筋はそれとは違い、皮膚から皮膚に向かって

付いており、皮筋と呼ばれています。

私たちは外の情報を感じ取るために五感の情報を

脳に伝えますが、その中で視覚が80%を占めるので

表情筋、見た目、動きが人の印象に大きく影響を与えます。

表情筋がきちんと働くことで

今の感情が正しく伝わり、良い印象や

コミュニケーションに繋がります。

1.前頭筋

動き:まゆ毛を上げる

感情:興味がある、好奇心、驚く時

2.皺眉筋

動き:眉間にシワを寄せる

感情:しんどい時、見えにくい時、盛り上がった時(気持ちいいマッサージを受けた時など)

3.眉毛下制筋(眼輪筋の奥にある筋肉)

動き:まゆ毛を下に下げる

感情:悲しい時、泣くのを我慢してる時、感情をカモフラージュしている時

4.眼輪筋

表層と深層があり、

・表層

動き:瞬き(1日約2万回)

感情:

・深層

動き:目を細める

利き目は日によって変わる

疲労を取ることで、目が開きやすくなり美しく見える

5.鼻根筋

動き:鼻にシワを寄せる

6.鼻筋

動き:小鼻を下に下げる

鼻のリンパは鼻頭から頬に向かって

流れていくため、この筋肉が緊張していると

流れがせき止められて、鼻周りがむくみ

老けて見えてしまいます。

逆に鼻先がスッと立体的になっていると

若く見えます。

7.鼻中隔下制筋

動き:口を尖らす

感情:不満があるとき、緊張している時

8.口輪筋

動き:口を窄ませる

女性ホルモンが唇周りにふっくらとした脂肪が付き

若々しく見えます。

女性ホルモンは母性があると分泌が促されます。

閉経後はこの辺りの脂肪が減ってしまい

シワが目立ちやすくなります。

男性や閉経後の女性でも副腎から女性ホルモンが作られます。

9.口角挙筋

動き:口角を持ち上げる

感情:見られているという意識

10.口角下制筋

動き:口角を下げる

感情:難しいことを考えている時、不平、不満が

11.上唇挙筋

動き:嗚咽の時

12.上唇鼻翼挙筋

動き:嗚咽の時

13.笑筋

動き:口角を耳の方向へ引き上げる

感情:笑う

14.大頬骨筋

動き:目を閉じてしまうくらい頬を挙げる

感情:大爆笑した時

15.小頬骨筋

動き:軽く頬を挙げる

感情:緊張している時

16.頬筋

動き:口を膨らませる

17.下唇下制筋

若い時には顎先のところに脂肪が

付いていてこの筋肉が顎のところにある脂肪を

支えています。

この筋肉があまり使われずに退化すると

脂肪が下に移動して、二重顎になってしまいます

18.オトガイ筋

動き:下唇の下にシワを寄せる

表情筋マッサージで簡単アンチエイジング

表情筋は筋肉なので、使いすぎると疲れますし

使わないとたるみます。

座学の後は森柾先生が書かれた

90秒若返り 美肌ホルモンマッサージ】に

載っているセルフマッサージを

体験しました。

片側ずつやるとほんの数回のマッサージで

フェイスラインが一気に変わったり

目やハッキリ見えたり

頭がスッキリしたりなど

驚きの変化が出ました。

筋肉は形状記憶するので、表情筋が固いまま寝てしまうと

硬くなった状態で新陳代謝が起こるので

少しずつたるみやシワが固定化してしまいます。

寝る前には必ず表情筋マッサージをしてあげることで

若々しい状態をキープすることができます。

アンチエイジングの裏技「耳下腺マッサージ」

耳下腺は唾液を分泌する腺ですが

実はそれだけではなく、アンチエイジングホルモンの

パロチンが分泌されます。

パロチンは唾液に含まれる成長ホルモンの一種で

肌の新陳代謝や疲れた身体を修復する働きがあります。

このホルモンが出るための前駆感情は

欲望、愛情、美意識です。

パワープレートで顔のリフトアップ!?

スタジオレゾナンスでは

このような表情筋へのアプローチに

パワープレートを使っています。

パワープレートの機能はトレーニングだけではありません。

実はパワープレートを使うとよりスピーディに

顔のリフトアップができます。

人の身体の構造にマッチした

3次元(前後左右上下)の振動が

表情筋のバランスを整えてくれます

これは50代の女性が、パーソナルパワープレート

毎日たった1分マッサージを行った症例です。

使用前

1週間後

2週間後

頬や顎の下のたるみが明らかに減っているのが

お分かりいただけると思います。

レゾナンスでは、このような美容の知識を

織り交ぜたパワープレートの使い方も

アドバイスさせて頂いておりますので

ぜひ一度ご相談ください。

 

パワープレートで顔のリフトアップがしたいという方は

⇒コチラ

森柾先生考案のオリジナルフェイシャルメソッドが受けられるサロンは

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)