ホーム > 記事 > 姿勢は心の状態を映す鏡

姿勢は心の状態を映す鏡

2019年3月16日

カテゴリ

 

東洋医学の考え方に心身一如というものがあります。

これは人の心(精神)と身体は繋がっていて

互いに影響し合っているということを示しています。

私たちが普段それを実感できるのが

姿勢や表情などです。

顔は心を映す鏡とも言われており

心の喜怒哀楽が体を通して客観的に表現されているのです。

姿勢も同じです。

南カリフォルニア大学教授で

人体の構造について様々な著書があるR・カリエ氏は

姿勢は体の内部感情の身体的表現」と述べています。

落ち込んでいたり、悩み事があるときの姿勢は

自然と前かがみになりますが

この姿勢には名前が付いており

"Slumped posture"(うなだれた姿勢)と呼ばれています。

逆にほめられた時や自信に満ちている時には

自然と胸を張っているものです。

人は直立二足歩行をするため、正しい姿勢では頭から足まで

重力線がまっすぐ落ちるように骨格で体を支えることができますが

このアライメントが崩れるような悪い姿勢が続くと

体には機械的なストレスがかかり脊柱の歪みを生じるのです

見た目が格好悪くなってしまうのはもちろんですが

体中の筋肉や内臓をコントロールする神経の働きを

低下させてしまう可能性があります。

逆にいえば姿勢を正しく保つことは

体の様々な組織の健康を保つ上で非常に重要だということです。

パワープレートは姿勢の維持に欠かせない筋肉を鍛えると共に

マッサージで不良姿勢で緊張した筋肉をほぐし

ストレスホルモンを減少させ

心と体の両面から健康をつくっていくことができます

パワープレートダイエット無料モニターは

⇒コチラ

渋谷・新宿エリアの国際基準カイロプラクティック

パワープレートによるパーソナルトレーニングは

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)