ホーム > 記事 > 慢性疲労症候群とは?

慢性疲労症候群とは?

2018年7月14日

カテゴリ

現代人は脳への負担が大きい

私たちが一日に触れる情報の量は
江戸時代の人の1年分
平安時代の人の一生分に相当すると言われています。
このような大量の情報を処理しなければいけなくなった
現代人の脳は、非常に疲労しやすい状態になっています。
さらに様々なストレス(対人関係、大気汚染、化学物質など)も
増え、体へのダメージが強くなっており
疲労が長期間蓄積したことによって起きてくるのが
慢性疲労症候群です。
少し古いデータになりますが
2000年のデータによると
15~65歳までの3015人に向けたアンケートで

その時点で疲労を感じている人が1781人

中でも6カ月以上疲れが続いている慢性疲労と答えた人が1078人と

全体の36%を占めています。

慢性疲労の原因


①病気によるもの

②過労など明らかな原因があるもの

③思い当たる原因が見つからないもの

の3つが考えられ、原因不明の慢性疲労の中には

強い倦怠感や微熱などを伴い

社会生活を送ることも難しくなる

慢性疲労症候群」と呼ばれる病気が潜んでいることもあります。

疲労の種類

1.強制歩行などによる肉体的疲労 

2.拘束や不安による精神的疲労 
3.暑熱暴露などによる環境疲労 
4.感染や腫瘍、および
自己免疫疾患などによる免疫学的疲労


があります。

疲労の回復には
1.睡眠
3.栄養

を十分にとることが重要です。

当たり前のことですが
分かっていてもこれをきちんと高いクオリティで
できているかを考えると
できていない場合が
ほとんどではないでしょうか?

スタジオレゾナンスのアプローチ

スタジオレゾナンスには
このような慢性的な疲労状態から
疲れにくい身体をつくるメソッドがあります。
パワープレートは精神安定に関わる
セロトニンの分泌を促進するため

その量に比例してつくられる睡眠ホルモンである

メラトニンの分泌量が高まり

より質の良い睡眠をとることができます。

メラトニンは人体で最大の抗酸化作用を持つ物質で

良い睡眠は酸化した身体を元に戻す作用があるため
疲労回復が高まります。
カイロプラクティックでは
慢性的な疲労で低下する自律神経の働きを高め
身体の回復システムを正常にします
また疲労を分析すると
姿勢によって生じるものがありますので
姿勢の調整による力学的な負担軽減も重要になります。

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

 
自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

 

次世代フィットネスマシン、パワープレートについては

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ



24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)