ホーム > 記事 > 症例 > パワープレート症例 > 症例 -パワープレートで生理痛が改善-

症例 -パワープレートで生理痛が改善-

2018年3月1日

カテゴリ

パワープレートを始めたきっかけ

ダイエット目的でPPトレーニングを始められました。

既に標準体重より痩せている体脂肪率は若干、標準を上回っている状態。

生理痛が酷く、辛い時は寝込むなどして2~3日

自宅から外出しないこともあるということでした

トレーニング開始当初、生理の時期にはご予約をキャンセルされるなど

しっかり運動できない状況でした。

 

評価と指導内容

生理中は、プロスタグランジンという物質が血液中に多くなります。

プロスタグランジンにはいくつか種類がありますが

その中でもプロスタグランジンE2やF2といったものは

子宮の筋肉を収縮させ、子宮への血流を減少させ

子宮内の神経を痛みに敏感にさせるといった作用があります。

そのため、生理痛を抑えるには、このプロスタグランジンを減らすこと

血液中に留まらないようにしていくことが重要です。

パワープレートは特許技術の3次元振動が筋肉に反射を起こさせて

1秒間に30~50回というスピードで筋収縮が起こります。

それによって筋肉がポンプ運動を起こし

まるで全身が心臓になったように血流を促進します。

それを踏まえてメニューとしては、

体温と血流を上げるために大きな筋肉を刺激して

お腹周りのエクササイズで内臓の位置を正常にしていきました。

そうすることで子宮などの骨盤内臓器への圧迫が減り

血流を改善するので、プロスタグランジンが血管内に留まるのを

防ぐことができます。

この方の場合、週1~2回のペースでセッションを行いました。

お身体の変化

3カ月間でのお身体の変化としては

体重 52.4kg ➡ 49.5kg  

体脂肪率 27.6%  ➡ 22.6%

となりました。

減量は約3㎏程度ですが、体脂肪率が大幅に減少しているのが分かります。

これは筋肉量が維持されて、余分な脂肪だけが燃えたということを

示しており、素晴らしい結果となりました。

そして最も驚くべきことは、生理痛が一切無くなったということです

今では生理の時期でも通常通りにご来店され

強度を落とすことなくエクササイズが可能になりました。

 

ご本人の主観、感想

生理痛がほぼなくなった。

通い始めて2ヶ月経ったくらいから、生理時にあった腹痛を感じなくなり、

2日目に寝込むことがなくなりました。

体温も0.5℃くらい上がったり

骨密度や赤血球の大きさも1年前の結果より改善しました。

色々とご指導いただきありがとうございます。

 

ヒアリング

過去、最も体温が低かった時は1年半ほど前の35℃前半で、

当時は生理による出血量も多く、経血にも血の塊が混じっていたそうです。

現在では36,6℃~36.7℃くらいが平熱になっていて

出血量も以前と比べて減り、血の塊もほとんど混ざらなくなったそうです。

 

考察

この方の場合、過剰なダイエット経験から激やせし

リバウンドを繰り返した経験があるそうで

体格に対し筋肉量が乏しく、体熱を生み出せない状況が続いていたことが

生理痛を増長させる原因の一つとして考えられます。

これまで自己流で行っていたエクササイズも表面的なものが多く

深部温度を引き上げるに至らなかった様です。

今回、PPでエクササイズを行うことで体幹の深部組織に刺激が入り

体熱を生み出せる体質に変化したことによって

生理痛が緩和したと考えられます。

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

 

 

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)