ホーム > 記事 > 腰痛の原因となる姿勢とは?

腰痛の原因となる姿勢とは?

2016年3月6日

カテゴリ

身体のゆがみは筋肉のバランスの崩れ

ヒトの体重における筋肉や

 

骨格の占める割合は約60%にもなり

 

その機能が十分に発揮できなくなると

肩こりや腰痛など様々な症状が出てきます。

その中で、特に背骨、骨盤、大腿骨は

体を支える大黒柱です

腰椎の前弯が増加している人(腰が反りすぎている人)の

姿勢を横から見てみると

使いすぎの筋肉(機能亢進)と

うまく使えていない筋肉(機能低下)があり

これらがちょうど対角線上に

位置するようになっています。

これを線で結ぶと、大きなクロスができるため

このような状態を下部交差症候群

(Lower Cross Syndrome)といいます。

腰椎部と大腿前面の姿勢を保つための筋肉である

①大腰筋
 
②脊柱起立筋
 
③腰方形筋
 
④大腿直筋
が緊張して短縮してしまい
腹部と股関節周りの筋肉である
①中殿筋
 
②小殿筋
 
③腹直筋
 
④腹斜筋
が弛緩してうまく使えなくなってしまいます。
腰が反りすぎることによって
背骨の関節にかかる負担が増え
関節がぶつかり合うように押される
ジャミングという現象が起こります。
ひどくなると椎間関節症候群という状態になり
痛みを感じるようになります
 
また、背骨と背骨の間でクッションの役割をしている
椎間板にも負担が増すことによって
椎間板の変形や椎間板ヘルニアによる
脚の痺れなどを引き起こす原因なります。

 

姿勢改善とパワープレート

このような状態を防ぐには

緊張した筋肉のストレッチと
弱化した筋肉の強化が有効です。

パワープレートは独自の3次元振動によって
以下のようなトータルなアプローチができます。

①関節への固有振動刺激によるアライメントの改善

 
人体のあらゆる器官は運動しているため
それぞれの周波数をもっています。
その中で関節は約35Hzが固有振動数となり
この振動を与えることで
関節は最も反応し、動きやすくなるのです。
この環境下で関節を動かしていくことで
今まで可動性が失われていた部分の機能を高め
アライメントの改善と神経伝達を促進します。
 
 

②緊張、短縮筋のストレッチ

パワープレートでのストレッチは
振動がゴルジ腱器官等に作用して
筋を弛緩させ
筋の柔軟性を高めます。
 

③弱化筋の筋力強化による再発予防

15分でジムトレーニング1時間相当の運動量を確保でき
通常20-40%程度しか使えていない筋肉を
不随意的に97%動員させ
効率的に筋力強化を行うことができます。

腰痛などの根本原因には

このような姿勢によるゆがみが関わっている可能性

が必ずあると言っても過言ではありません。
ぜひパワープレートでゆがみを正して
健康な体をつくりましょう!
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)