ホーム > 記事 > カイロプラクティックについて > 血管年齢検査 ー身体を若々しく保つ3つの方法ー

血管年齢検査 ー身体を若々しく保つ3つの方法ー

2019年10月7日

カテゴリ
タグ

 

人は血管と共に老いる

私たちの身体を構成する数十兆の細胞には

生きていくために栄養が必要です。

それが血液であり、それを運ぶ道が血管です。

人の血管はつなぎ合せると約地球2周分とも言われており

その99%は髪の毛(50〜100ミクロン)よりも

はるかに細い毛細血管(8ミクロン)です。

このような細い血管が栄養を運んでいるので

冷えて血管が開いていなかったり

血管にカルシウムや糖、コレステロールなどが

溜まっているとその先の組織に栄養が届かなくなってしまいます

ですから

人は血管と共に老いる

とも言われています。

 

血流が悪いことで起こる問題

血流が悪いことで起こる問題は様々ですが

 

  • 冷え性
  • 便秘
  • 慢性疲労
  • 認知症
  • 脳梗塞
  • ガン

 

など重篤な疾患に発展することもあります。

このような問題を防ぐためには

今の自分の血管の状態がどうなっているのかを知り

必要であればライフスタイルを見直して

より良い状態に血管を保つことが有効です。

 

血管年齢検査でわかること

スタジオレゾナンスでは

指先につけるだけで血管の状態を測ることができる

TASー9という機器を導入しています。

TAS-9は東京大学・慶應義塾大学医学部などの研究機関でも利用されている

信頼性の高い測定機器です。

 

血管年齢

 

結果レポート

測定後には今の状態の説明と共にこのようなレポートを

差し上げています。

血管年齢

血管断面図イメージ

心臓から送り出される血液が血管を押すときの

波形を読み取って、その人の血管の柔軟性を測定して

血管の断面図のイメージを表示できます。

そこから動脈効果がどの程度進行しているかを見ていきます。

 

拍出強度

心臓のポンプの強さを表す指標です。

血液は心臓から送り出されるため

心臓のポンプがしっかりしていれば

身体の隅々まで血液を届けることができます。

 

残血量

静脈の健康度を表す指標です。

静脈には血液を心臓に戻す働きの他

溜め込む働きがありそれらの機能が

正常に働いているかを見ていきます。

 

 

 

動脈血管弾性度

血管の柔軟性を示す指標です。

動脈は全身に血液を届けるために血管に筋肉が付いています。

これをホースに例えると、新品のホースは柔らかく潰すのも簡単です。

しかし、古くなって朽ちたホースはゴムが硬く

なかなか潰せなくなっているのに非常によく似ています。

硬くなった血管は心臓から送り出される血液の

圧力を吸収することができなくなり

血圧が高くなります。

これが高齢になると血圧が上がる原因です。

血管年齢

 

TASー9は血管年齢検査だけでなく

自律神経の働きも調べることができます。

自律神経検査について詳しく知りたい方は

→コチラ

 

血管を若々しく保つ3つの方法

血管年齢検査でご自身の血管の状態が分かったら

あとはその結果を歳を重ねても維持する

またはより良くしていくためのアドバイスをさせて頂きます。

血管年齢

 

1.運動

身体に張り巡らされた毛細血管を開通させるためには

運動が欠かせません。

その中で特に血流改善効果が高いのがパワープレートです。

循環器外科でも術後のリハビリテーションとして

パワープレートが導入されており

より早い日常生活への復帰が可能になっています。

スタジオレゾナンスでは、パワープレート専門の

パーソナルトレーニングスペースを設けており

お客様の状態に合わせたプログラムを行なっています。

パワープレート 専門ジム

パワープレートについて詳しく知りたい方は

→コチラ

パワープレートを使って血管年齢が若返った症例は

→コチラ

 

2.栄養

血管の中をスムーズに血液が流れる状態にするには

正しい栄養摂取が必要です。

特に重要なものとして

オメガ3系脂肪酸

オメガ3系脂肪酸であるDHAやEPAには

赤血球や血管壁の柔軟性を高める働きがあり

血流を良くする上で有効です。

 

血管年齢

 

抗酸化物質

ストレスや酸化した食べ物、過剰な運動などによって

活性酸素がつくられると、身体は酸化してしまいます。

酸化とは、鉄に酸素が付いた状態を錆びると言うように

身体がサビてしまっている状態です。

この状態が長く続くと、ホースは朽ちていきやすくなります。

身体を酸化から守る抗酸化物質を摂取することで

サビを防ぐことができます

 

3.睡眠

身体の中は弱アルカリ性に保たれていますが

身体が疲労していると疲労物質である乳酸が溜まり

酸性に傾いていきます。

また糖分の摂りすぎも身体を酸性にします。

この状態では、血管の中に老廃物が溜まっている状態なので

血液はドロドロになってしまいます。

質の良い睡眠は、身体の老廃物を代謝して

本来の弱アルカリ性に戻していきます

スタジオレゾナンスでは、睡眠専門のカイロプラクティックドクターが

質の良い睡眠へ導くためのプログラムを行なっています。

 

ハイクオリティ睡眠プログラムについては

→コチラ

 

血管年齢

 

初めての方限定のご案内

血管年齢・自律神経の状態を調べてみたい

専門ジムでパワープレート を体験したい

国際基準カイロプラクターから身体の不調について相談したい

という方は初回限定のお得なクーポンをぜひご利用ください!

パーソナルトレーニングジム

通販サイトでは、人工甘味料無添加の天然甘味料100%プロテインを販売

商品の詳細はコチラ

エッセンシャルプロテイン 購入

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)