ホーム > 記事 > 症例 > カイロプラクティック症例 > カイロプラクティック症例 PMS(月経前症候群)

カイロプラクティック症例 PMS(月経前症候群)

2017年5月17日

カテゴリ

患者様の情報

29歳女性

中学生の頃から生理痛がひどく、月経が始まって2日間は
痛み止めを飲まなければ仕事ができないという状態でした。
最も痛みを強く感じる部分は、右下腹部で
腰から下が冷えやすく、浮腫みやすいということでした。
 

検査と評価

まず、腹部内臓に何かしらの病理的な問題が無いかの
スクリーニング検査を行い禁忌症がないことが確認できたため
、カイロプラクティック検査に移りました。
姿勢検査では、背部の弯曲が減少し、フラットになっており
腰部は弯曲が過剰になっている状態でした。
横から見たときに人の体には本来、
生理的弯曲という3つのカーブがあり
そのカーブがあることによって、
重力の負荷を分散させ体を守っていますが
この方のように背部のカーブが減少していると、
体、特に筋肉にかかる負荷が増え
逆に腰のようにカーブが過剰になった部分は
関節に負担がかかりやすくなります。
また普段立ち仕事で、
片脚に体重をかけて立ってしまうことが多いということもあり
前述の過剰な弯曲と相まって骨盤や腰の関節に歪みが生じていました。
これらの部分から出ている神経は、
子宮や卵巣にも分布しているため
重要な治療ポイントになります 。
*子宮に関係する神経
子宮の筋肉を動かしたり、痛みなどの感覚を伝える神経は、
多数の神経細胞が含まれており子宮膣神経叢、
傍子宮頸神経節(フランケンホイザーの神経節)と呼ばれています。
そして子宮、子宮底の痛みは、 腰内臓神経(交感神経)を経て
第10胸髄から第1腰髄(臍の裏あたり)に達し
子宮頸の痛みは骨盤内臓神経
(副交感神経)を経て第1、2仙髄(骨盤部分)に入ります。
その他、骨盤や腰椎の生理的弯曲に関わる腸腰筋の強い緊張と
股関節の可動域制限も見られました。
過剰な前弯は、内臓を下方に圧迫し、股関節の可動制限は
筋肉のポンプ運動の低下によって
内臓周りの血流が悪くしてしまう可能性があります 。
 
*骨盤内の血流
子宮、卵巣に分布している動脈は、腹大動脈の枝である卵巣動脈と
内腸骨動脈の枝である子宮動脈が分布しています。
静脈は卵巣静脈、子宮静脈です。
これらの血管は大腰筋の前面を下行して行くため
筋の緊張や他の臓器による圧迫で
血流が阻害されてしまう可能性があるのです

 治療

検査結果から以下の2つのポイントを柱にして治療していきました。
1.痛みに関わる神経が分布している腰と骨盤の歪みを調整することで
背骨全体にかかる負担を軽減するとともに、過剰な痛み刺激を抑える
2.過剰な緊張を起こしている腸腰筋を緩め、
股関節の可動性を回復することで前弯を緩和して、
内臓周辺の血流を改善し、発痛物質の代謝を促す
その他、前弯を抑制する腹直筋がうまく使えていなかったため、
エクササイズを処方しました。
 
*体温の低下は、痛みの感受性を高めてしまうため、注意が必要です
平熱は、36.4度と決して低いわけではありませんが
これは脇の下で測った温度で
体の深い部分の体温である深部温は低下しているケースが多く見られます。
通常、深部温度は脇の下で測った温度+1度が正常ですが
この方の場合、体温をコントロールしている自律神経の乱れによって
体温は低くなってしまっていたのかもしれません。
そのためにも体幹の筋肉を鍛え、
筋肉からの熱で内臓を温めることが重要です。

治療後の反応

1度、治療させていたただいた数日後に月経があったそうですが
その時には痛みの強さが約半分になり
 
今まで月経2日目まで計6回の痛み止めを飲んでいたそうですが
 
今回は2回で済んだということで、非常に喜ばれていました 
今後一層の改善が見られるように継続的に治療させて頂きたいと思います
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)