ホーム > 記事 > 症例 > カイロプラクティック症例 > カイロプラクティック症例 -内臓下垂と身体のゆがみ-

カイロプラクティック症例 -内臓下垂と身体のゆがみ-

2018年12月26日

カテゴリ

 

23歳女性の症例です

中学生くらいの頃から

猫背と手先や足先が冷えやすく

むくみも出るというお悩みで

来院されました。

今は運動習慣がほとんどなく

最近になってウォーキングを

始めるようになったそうです。

 

検査

姿勢を見てみると

右の肩が左に比べて約指3本分程

下がっていて、それを指摘すると

本人も今まで肩に注目して

鏡を見たことがなかったようで

非常に驚いていました。

このように右肩が大きく下がっている場合は

肝臓が疲れて、むくんでしまい

その重みで肩が下に

引き下げられてしまっているケースが

多く見られます。

この方は、大学院の研究室が忙しく

長い期間お身体に負担がかかっていた

という背景があったようです。

冷えやむくみの原因

冷えとむくみが両方ある場合

代謝が下がっているというのが

一般的な考え方ですが

なぜ代謝が下がっているかを

掘り下げていく必要があります。

代謝が下がる要因

身体の中の原因

筋肉量の低下

甲状腺機能の低下

内臓機能の低下

栄養面の原因

タンパク質摂取不足

ミネラル摂取不足

ビタミンA不足

 

この方の場合、タンパク質については

意識して摂取しており

ヒアリングする中で問題は見受けられませんでしたが

症状として冷え、むくみの他に

乾燥肌や目の疲れといった症状があったため

ビタミンA不足によって

代謝をコントロールする甲状腺ホルモンが

効きづらくなってしまい

代謝が下がってしまったと考えられます。

また、便秘の症状もあり

肝臓のむくみによってその下にある

横隔膜、腸なのが押されて便秘を引き起こしている

と判断しました。

治療

カイロプラクティックの独自の検査である

背中の皮膚の温度の左右差を調べ

神経の流れを悪くしている体のゆがみを

見つける検査で、骨盤の部分に問題が

みられたので、その部分の調整と

内臓のリンパの流れを良くして

むくみを引かせる施術を行いました。

骨盤のゆがみは大腸の働きに関係しており

便秘の原因になっていることもあります。

1回の施術で、肩の高さは左右均等になり

本人もお腹周りが軽くなったと話していました

今回の治療のポイントは

肩周りには一切施術をしていないにも関わらず

肩の高さが変わったというところです。

内臓の状態によって姿勢も大きく

影響を受けるので、今回のような症状を

お持ちの方はぜひ一度ご相談下さい。

 

代々木公園・代々木八幡で国際基準カイロプラクティックが受けられるのは

⇒コチラ

 

パワープレートダイエット無料モニターは

⇒コチラ

 

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)