ホーム > 記事 > 症例 > カイロプラクティック症例 > カイロプラクティック症例 -肩の痛み・だるさ-

カイロプラクティック症例 -肩の痛み・だるさ-

2019年4月24日

カテゴリ

50代女性の症例です

特に原因無く左の肩にだるさと

動かした時の痛みがあり来院されました。

検査・評価

肩の動きを調べると、多少可動域が減っており

大胸筋・三角筋という筋肉の緊張が強くなっていました。

肩のだるさは三角筋上の周囲に出ていました。

 

背骨のゆがみによって神経の流れが妨げられると

筋肉に緊張や痛み、だるさなどを起こすことがあります。

これをヒルトンの法則と言います。

この方の場合、検査をしてみると

首の背骨に問題が見られ、そのストレスを無くす方向に

背骨を押圧すると、だるさが軽減されるという

反応がみられました。

このことからその背骨から出る神経の流れが

妨げられた結果、今回のような症状が出ていると

考えられました。

治療

神経学的にはこの領域は第5の頚神経が分布しています。

肩甲骨の位置を整える治療をして

土台を整えたところで、第5頚神経が出ている背骨

アジャストメントしました。

矯正の直後から少しずつだるさが抜けていき

5分ほどでほとんど無くなったと話されていました。

今回の症例のように一回で症状がほとんど取れてしまうケースは

稀ですが、アジャストメントは即効性があるので

カイロプラクティックの真価が発揮された結果となりました。

引き続き予防のための治療を行っていきたいと思います。

 

渋谷・新宿エリアの国際基準カイロプラクティック・パワープレートは
2回の無料フォローレッスンが付いているパワープレートを購入されたい方は

⇒コチラ

パワープレートの副作用については

コチラ

パワープレートと類似品との違いは

コチラ

パワープレートダイエット無料モニターは

⇒コチラ

パワープレートでセルライトを撃退したい方は

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)