ホーム > 記事 > 症例 > カイロプラクティック症例集 > 足底筋膜炎の原因と治療法を国際基準カイロプラクターが解説 -足の裏の痛み-

足底筋膜炎の原因と治療法を国際基準カイロプラクターが解説 -足の裏の痛み-

2019年10月20日

カテゴリ
タグ

 

寝つきがわるい 枕

 

ランナーやジャンプをするようなスポーツをされる方の多くが

悩まれている足底筋膜炎

少し痛みが減ったので、運動を再開するとまた痛みがぶり返すといった具合に

ずっと痛みを引きずっているケースも多く

なかなか根本的な改善がみられにくい症状の一つです。

今回はカイロプラクティックの施術で長年の痛みが改善した方法をご紹介します。

 

足底筋膜炎とは

身体中の筋肉はコラーゲン線維に富んだ筋膜という組織に覆われており

それぞれの筋肉の動きをコントロールしています。

足の裏の筋膜は、体重がかかるため足底筋膜と呼ばれる強靭な

筋膜が付いています。

足底筋膜と足の骨で作られるアーチのおかげで

私たちは着地した時の地面からの衝撃から

身を守ることができています。

 

足底筋膜炎は、この筋膜に過剰な負担がかかり炎症を起こし

特に筋膜が骨に付着していく部分で痛みが出る状態です。

以下のような問題があると足底筋膜炎を引き起こす原因になります。

 

    • 重心のバランスが崩れている
    • 足底筋膜に過剰な負荷が頻繁にかかっている
    • 動きの癖がある

     

    足底筋膜炎の状態が長く続くと、かかとの骨の一部が

    筋膜に引っ張られて、少しずつ棘のような変形を起こしていきます。

    これを踵骨棘(しょうこつきょく)と言い

    骨が変形しているために、治療が非常に困難になります。

    そのため、症状が出たら早めに手をうつことが

    長引かせないためにも重要です。

    一般的な足底筋膜炎の症状

    • 朝起きて、立ち上がった時の足の裏の痛み
    • 足の裏(特にかかとに近い部分)を押した時の痛み
    • 長く歩いたり、運動した後の足の裏の痛み

     

    60代男性の足底筋膜炎症例

    タップダンス 足底筋膜炎

    長年タップダンサーとして活躍されており

    現在もパフォーマンスをされたり、教室で指導をされています。

    この方も朝起きてからの1歩目での痛みと

    運動後のアキレス腱から足の裏にかけての痛み

    訴えておられました。

     

    検査

    まずお身体のバランスがどのようになっているかを

    診るために姿勢検査と片足立ちのバランス検査を行いました。

    姿勢検査では、いわゆるO脚の状態が見られ

    外側に体重の負担がかかりやすくなっているのが分かりました。

    そのため、その負担に抵抗するために脚の外側の筋肉の緊張が

    強くなっていました

    足底筋膜炎

     

    その結果、足にねじれの力がかかり

    アキレス腱や足の裏の足底筋膜に負担がかかり続けて

    痛みが出ていたようです

     

    治療

    カイロプラクティックの施術では

    検査で明らかになった筋肉のアンバランスや

    骨のアライメント(配列)を調整して

    なるべく患部に負担がかからないようにしていきます

     

    痛みが出ている間はまず患部への刺激を抑えるために

    安静が基本ですが、この方の場合はお仕事でどうしても

    使わなければいけないということでしたので

    週に2回のペースで治療をさせて頂き

    治療の状態をキープするためにテーピングなどを使いながら

    調整をしていきました。

    3回施術を行なったところで

    痛みは最初のレベルを10とすると程度に落ち着き

    バランスがおおよそ整ってきたところで

    次はパワープレートを使って、身体の芯を意識するメニューを加えました。

    パワープレート

     

    人は正しい位置で立てている時には

    ほとんど筋肉を使わずに骨格で立つことができます

    その中で運動することができれば

    動きはよりしなやかで、ケガもしにくいという理想の状態になります。

    この時から通って頂くペースを週に1回にして

    負担の少ない身体の動きを身につけるための

    運動療法を増やしていきました。

    このメニューで3回施術をさせて頂いて

    痛みは出なくなりました

    ご自身も足底筋膜炎の痛みが出る前から

    踊っている最中に足をつることが多かったのが

    つらなくなったと話されて

    さらに疲れにくくなったとも言われていました。

    どこから先にバランスが崩れたかというのは

    鶏が先か卵が先かという議論であくまで推論になりますが

    姿勢などの影響によって筋肉の使い方のバランスが

    骨格のアライメントと共に徐々に乱れ始め

    局所に負担が集中するようになって

    足がつるようになり、それを皮切りに全身でそこをかばうようになったと考えられます。

    その結果、普段と違う身体の使い方になり、今回の症状に繋がった可能性があります。

    足底筋膜炎 治療

     

    痛みはその部分に負担がかかっていることを教えてくれているサインなので

    知らず知らずのうちにできた動きのクセを修正していって

    それが解消すれば痛みは取れていきます。

     

    メディカルフィットネスマシン パワープレートについては

    →コチラ

     

    日本に約800人しかいない国際基準カイロプラクティックとは

    →コチラ

    足底筋膜炎でお困りの方へ 初めての方限定のご案内

    国際基準カイロプラクティックで辛い足底筋膜炎の症状を

    改善したいという方は初回限定のクーポンがありますので

    ぜひスタジオレゾナンスの国際基準カイロプラクティックにご相談ください。

    足底筋膜炎

    エッセンシャルプロテイン 購入

    代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

    ⇒コチラ

     

    エルクレストグループについて

    ⇒コチラ

     

     

    24時間受付
    体験・初診の
    ご予約はコチラ

    月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
    (休診時間 14:00~15:20)