ホーム > 記事 > 健康 > カイロプラクティックの検査について

カイロプラクティックの検査について

2018年7月19日

カテゴリ

カイロプラクティックの検査

カイロプラクティックでは

背骨のどのレベルでゆがみが起こり

神経の流れを妨げてしまっているのかを

調べるためにいつくかの検査を行います。

1.皮膚温 Instrumentation
2.視診 Visualization
3.静的触診 Static palpation
4.動的触診 Motion Palpation
5.レントゲン X-ray Analysis

1.皮膚温   Instrumentation

自律神経は体温の調節も行っており

背骨のゆがみによって

背骨の末梢神経の出入り口に

問題が起こるとそのレベルの

左右の皮膚の温度に差が生じます。

ジョンホプキンス大学の植松教授は

背骨の左右の温度差が

0.3度以上で病理が発生する可能性があり

0.6度で57%に病理が発生

0.9度で確実に病理が発生するという

研究結果を示しています。

当院では、神経圧迫測定器を使い

温度の差を計測し

神経の流れを妨げている部位を

特定します。

2.視診  Visualization

視診で得られる身体の情報というのはたくさんあります。

例えば、皮膚の状態(赤み、腫れ、体毛、湿り気など)

姿勢、顔の状態(目、舌、唇、鼻など)です。

身体の中で起こっていることをそのような部分が

表しているのです。

3.静的触診 Static palpation

背骨の配列や浮腫が無いかなどを

触診によって調べます。

4.動的触診 Motion Palpation

サブラクセーションを起こしている背骨を

特定して、どのようにズレているかを

動きを診ながらより細かく検査をしていきます。

5.レントゲン X-ray Analysis

国際基準カイロプラクターは

大学教育のカリキュラムの中に

放射線物理学、レントゲン読影課題が

含まれており、カイロプラクティック独自の

評価方法があります。

また骨の癒合や変形、腫瘍、重度の骨粗鬆症など

カイロプラクティックの禁忌となるような

問題が無いかもチェックしていきます。

より正確な治療をするために

レントゲン画像をお持ちの方は

カイロプラクティックの初回検査の際に

画像をお持ちすることをおすすめします

その他の各種検査

またカイロプラクティックの適応であるかを

見極めるために神経学検査、整形外科的検査

理学検査などを行います。

スタジオレゾナンスのオリジナル検査

スタジオレゾナンスでは

お客様の状態をより包括的に知るために

オプションで自律神経機能検査

血管年齢検査を行っています。

自律神経の不調の症例は

コチラ

このような検査を行い、的確な治療プランを

つくっていきます。

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

次世代フィットネスマシン、パワープレートについては

⇒コチラ

 

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気のスタジオは

⇒コチラ

末梢血管循環検査をご希望の方は

⇒コチラ

 

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

 

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)