ホーム > 記事 > スポーツをされている方へ > パワープレートの頻度はどれくらい?

パワープレートの頻度はどれくらい?

2016年4月16日

カテゴリ

筋肉痛のメカニズム

トレーニングなどによって

一定以上の強度のストレスを筋肉に与えると

筋肉が一時的に損傷します

そのため筋肉の疼痛や不快感が生じる

いわゆる筋肉痛(遅発性筋痛)が

起こることがあります

以前は疲労物質である乳酸の蓄積によるもの

と考えられていましたが

最近の研究によると

結合組織と筋組織の損傷が

同時に起こることによって

炎症反応が生じて痛覚の受容器が

刺激されることが原因ではないか

と考えられています

筋肉がつくられる超回復とは?

 損傷後、体は筋肉の修復を始めますが

これには約24~72時間がかかります

そして筋肉は損傷前よりも強くなって

生まれ変わります これを超回復といいます

この現象があるからこそ、筋力アップをさせるには
筋肉に負荷をかける必要があるのです

超回復がはじまるまでの時間は

個人差がありますが
繰り返しトレーニングを行うことで
体が学習していき
神経的な適応が進むことで
超回復にかかる期間も短縮されていきます
パワープレートのトレーニングを始める場合も
普段、運動をあまりされていない方は
週に2、3回くらいにするのが良いと思います

 

はじめのうちは筋肉痛が長く続くこともありますが

徐々に体が慣れていきます

アスリートの方や普段から運動をされている方は

連続して同じ部位を行わなければ
週に5、6回でも構いません
今日は上半身、明日は下半身という風に
一日でトレーニングする部位を分けることで
それぞれの部位に一日の
超回復期間が設けられ
筋肉を効果的に増やすことができます!

忙しくて通えないという方へ

パワープレートはちょっとした乗り方の

違いで、大きく効果が変わってしまうため

パーソナルトレーニングで行うことが

基本ですが

パーソナルで理想のトレーニング頻度で

行うのは、忙しくて難しいという方も

多くいらっしゃいます。

そのような方には

パーソナルパワープレート

ご自宅に置いて頂き、ピアノのレッスン感覚で

プロのレッスンを受けて

ご自宅でそれを練習するという

使い方ができると

最高のアクティブエイジングになります。

 

パワープレートトレーニングの特長

通常4割しか動かせていない筋肉を 97%使うことができ
今まで使えてなかった筋肉が使えるようになるため
通常のトレーニングに比べて
効率よく筋力をアップさせることができます!

特徴としては、筋肉を大きくするということよりは
今まで使えていなかった部分を使えるようにする
ということが圧倒的に得意なので
ボディビルダーのような身体をつくるのには
向いていません。
しかし、身体を引き締めて持っている筋力を
100%発揮させることについては
間違いなく最高のマシンの一つだと思います。

パワープレートに合わせて必要な栄養補給

運動直後や就寝前、就寝後に
プロテインやアミノ酸などの
サプリメントを摂取すると
筋肉の修復・増加を助けることができるので
栄養面でのケアも重要です!
baecf11235bc5a3a051cdd99a0ca0df4_s 76e7b5120b4719b732704b1c70c559a9_s 02025eb7473750ce48c913534f4356b8_m  
たんぱく質の摂取量は
身体活動レベルの低い健康な成人男女では
体重1㎏あたり0.8g
(WHOでは安全摂取量として体重1㎏あたり0.83g)と
されていますがトレーニングをしている人や
アスリートでは、競技やトレーニングの強度
総カロリー摂取量 健康状態によっても異なりますが
体重1㎏あたり1.2~2.0gとされています
しかし、腎機能障害、カルシウム摂取不足
水分摂取制限がある場合には
体重1㎏あたり4g以上の過剰摂取に注意が必要です
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)