ホーム > 記事 > トレーナー向け > 腹筋の重要性

腹筋の重要性

2016年7月9日

カテゴリ

腹筋群の機能

腹筋群は前腹部の壁と側腹部の壁をつくっており、

様々な作用を持っています

内臓の支持 腹腔内臓の重みは腹壁の下部に加わるので、

特に内腹斜筋下部の横走線維によって

腹壁の下部は引き締められ支持されています 従って、

腹壁の筋が弱いと、支持作用も弱くなり

腹腔内臓とくに小腸が下垂して 前腹壁の下部(下腹部)が

膨らんでしまいます

 

脊柱の支持 外腹斜筋の線維は腹直筋鞘をつくる筋膜を介して

反対側の内腹斜筋の線維と連なっているため

左右両側の腹斜筋はコルセットのように腹壁を締めて支持しており、

腰痛などを防いでいます  ③内臓の保護 腹壁に外力が加わると、

筋の緊張が高まって内臓を保護します

また腹壁内面を被う壁側腹膜が腹腔内の炎症で刺激されると

その部位の腹壁の筋の緊張が高くなります

この現象は筋性防御と言われ、保護に役立っていると言われています

急性虫垂炎では、右下腹部に筋性防御が見られ

急性胆のう炎では右側の腹直筋の上3分の1部に見られます

 

呼吸 腹筋は呼吸運動に関わっていて、

吸息時に横隔膜は収縮して下降しますが

同時に腹壁の筋は弛緩して腹腔を広げます

そして腹壁の筋はやや収縮して、

呼息に移ります(腹式呼吸) 呼息を強く行う場合には、

腹壁の筋をさらに強く収縮させ 肋骨を引き下げ、

腹腔内臓を圧迫して横隔膜を上方に押し上げます

 

体幹の運動 腹壁の筋は胸郭と骨盤とを連結するので、

筋の収縮によって両者の位置的関係は変化します

従って腹直筋は体幹(脊柱)を前屈させ、

腹斜筋は体幹を側屈、回旋します

パワープレートは、トレーニングが敬遠されがちな

体幹の筋群を短期間で鍛えることができます

それは3次元の振動が自分の意志に関係なく

1秒間に30~50回という速さで筋肉運動を行うからです

ですから一番弱い負荷である

1秒間に30回の振動(30Hz )でも

30秒トレーニングをしたとすると、

900回の筋収縮が起こるということです

 

 

そのため30分のトレーニングでジムトレーニング2時間相当の

運動量に相当すると言われているのです 

肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)