産前産後ケア

産前産後の方が悩まれている症状としては腰痛や肩こり、頭痛が多くみられます。

このような状態に対してカイロプラクティックがお力になることができます。

産前産後の腰痛

産前産後の腰痛の種類としては大きく分けて2つあります。

①胎児の重みによる姿勢の変化から来る腰痛

妊娠すると、胎児の重みで身体を反らすような姿勢に変化していきます。
それによって体重が乗る位置が変化して腰の背骨や筋肉に過剰な負担がかかり、腰痛になっているケースが多く見られます。



このような原因で腰痛が起こっている場合は胎児の体重はどんどん重たくなっていきますので対症療法的にはなりますが、過剰に緊張してしまった筋肉のバランスを調整していくことで普段の痛みが大幅に減っていきます。
定期的に診させて頂くことで、出産まで少しでも快適に過ごして頂ければと思います。

当院では、妊娠中でも安心してうつ伏せになれる専用のクッションをご用意しておりますので、状態に合わせて適切な肢位で施術をさせて頂きます。


またご自宅でできるセルフメンテナンスもご紹介させて頂いておりますのでそちらと併用することでより高い効果を得ることができます。

②ホルモン作用による腰痛


妊娠中は出産しやすい状態をつくるために、リラキシンというホルモンが卵巣や子宮、胎盤から分泌され、骨盤周辺の靱帯を弛緩させます。
それにより、産道が開きやすくなる半面骨盤や背骨の支えが弱くなり、不安定になります。
骨盤の関節は1mm程度のわずかなズレで痛みを起こしますのでそれが腰痛に繋がっている場合があります。


治療アプローチとしては、骨盤のゆがみを調整していき正しい位置に持ってきたところで骨盤を締める役割のある筋肉を強化していきます。
ゆがみがある状態で骨盤を締めてしまうと筋肉のバランスがくずれているので、くびれの位置や脚の長さが違ってしまったり、腰痛が慢性化してしまうことに繋がります。

レゾナンスでは、産後であればパワープレートを使った独自のプログラムを行うことで気になる体型のくずれを整えていくことができます

肩こり、頭痛

腰痛と同じく、重心が変化することで肩甲骨や頭の位置が理想のラインから外れやすくなるので、筋肉に余計な負担がかかり肩や首のこり、頭痛が起こりやすくなります。

このような場合も重心のバランスを調整して本来の位置に頭や肩甲骨を近づけていくことで症状が改善していきます。
また肩甲骨の動きが悪くなっていることが非常に多いのでそういった部分についてもしっかりとアプローチをしていきます。

施術を始める時期

産前の施術を始める時期は、安定期と呼ばれる妊娠5ヶ月~7ヶ月
妊娠周期でいうと妊娠16週~28週の頃からをお勧めしております。
産後であれば、ゆがみが定着する前に早めに診せて頂くことでより早く結果を出すことができます。

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)