ホーム > 記事 > ダイエット講座 > ほとんどの人はタンパク質不足!?

ほとんどの人はタンパク質不足!?

2018年2月20日

カテゴリ

 

 

 

現代人の栄養バランス

日本人の食習慣において最新の国民健康栄養調査では

朝食を抜かす人の割合は、男女とも20歳代が最も多く

男性で33.0%、女性で23.2%

脂肪エネルギー比率が30%以上の人の割合は成人男性で20.0%

女性で27.6%だったそうです。

パワープレートで効率良くトレーニングをしても

筋肉の元となる栄養補給を怠っては

筋肉は強くなれず、うまく体は引き締まりません

そこで重要な栄養素がたんぱく質です。

意外と知られていないたんぱく質の重要性

 

たんぱく質は細胞の主要な構成成分であると同時に

物質代謝に必要な酵素

生体機能の調節に必要なホルモンの材料としても重要です。

一日の摂取基準は一般的に体重1㎏あたり約1g

男性で70g、女性で60gとなっていますが

なかなかこの量を摂取できていないのが現状です。

また、トレーニングを行って筋肉を増やそうとしている場合は

基準より多くの摂取が必要で、体重1㎏あたり約2gと言われています。

高齢になるほど、タンパク質の吸収効率が低下しているため

積極的な摂取を心がける必要があります。

100歳近くになってもお肉を積極的に食べている人が

元気なのは、そういった理由があるのかもしれません。

タンパク質を十分に摂るためには?

たんぱく質は100gあたり牛乳で約3.5g

肉類で約20g、魚で約25g含まれていて

特に多い食材がシラス干しで約40g摂取することができます。

これらの食材と併用してプロテインを飲むことも非常に有効で

最近ではたんぱく質以外にもビタミンなど栄養素が添加されたものが

売られているので、炭水化物の変わりにプロテインを飲むことで

カロリーを抑えながらたんぱく質を取ることができ

トレーニングの成果を早めることができます。

特に女性からの質問で多いのですが

「プロテインを飲むと筋肉がムキムキになってしまいませんか?」

と訊かれることがありますが

決してそんなことはありません

プロテインは、タンパク質の英語名なだけで

特別に筋肉を大きくする成分が入っているわけではありません。

そもそも筋肉を大きくするするというのはとても大変なことで

一般人が1年間死ぬ気でトレーニングをしても増える筋肉量は1㎏前後

トレーニング上級者の人で約2㎏と言われています。

ですから安心して飲んで頂いて大丈夫です。

安全にダイエットする上でも重要なタンパク質

ダイエットは安全に行わなければ意味がありません。

単純な食事制限だけでは、タンパク質が不足して

筋肉量の低下や免疫力の低下、肌荒れなど様々な弊害が出てきます。

レゾナンスではパワープレートで短期的に効率よく身体を引き締めつつ

適切な食事指導で、安全にダイエットを行っています。

⇒実際の症例はコチラ

 

パワープレートダイエット無料モニター

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)