ホーム > 記事 > 脂肪を燃やしてくれる脂肪細胞とは!?

脂肪を燃やしてくれる脂肪細胞とは!?

2016年7月30日

カテゴリ

脂肪細胞の種類

  脂肪細胞は通常、直径が0.01mm~0.12mmで

約250億~300億個あると言われています

肥満者の場合は体積が100倍以上になることもあり

過形成肥満では、数も1000億を超えることもあります

脂肪細胞の働きは

脂肪細胞内の脂肪球にエネルギーである中性脂肪を蓄積、

貯蔵することで 存在部位によって名称が異なります 

骨格筋(横紋筋)では筋肉と皮膚の間にあるため、

皮下脂肪と呼ばれ 内蔵筋(平滑筋)では内臓脂肪と呼ばれます

女性は皮下脂肪が増えやすく、

男性は内臓脂肪が増えやすい傾向があります

通常私たちが呼んでいる脂肪は白色脂肪細胞と呼ばれるもので

余分なカロリーを脂肪として溜め込む働きがあります

中性脂肪は、

脂肪細胞内の小胞体から分泌される脂肪分解酵素である

ホルモン感受性リパーゼの働きによって
脂肪酸にまで分解されます

脂肪酸は筋肉のエネルギー源として利用され、
二酸化炭素と水に分解されます
利用されなかった脂肪酸は、
肝臓に回収されて中性脂肪に再合成され
血管に注がれ再度脂肪細胞に蓄えられます
脂肪が使われるためにその膜が開くためには、
ノルアドレナリン、アドレナリン 副腎皮質刺激ホルモン、
成長ホルモンなどのホルモンが必要になります

 

 

そしてもう一つ重要な脂肪細胞があり、

それが褐色脂肪細胞と呼ばれるものです
褐色脂肪組織をつくる褐色脂肪細胞は多数の小さな脂肪滴を持ち
その間には豊富なミトコンドリアがあり、
脂肪細胞の間には毛細血管網が発達します
コウモリが冬眠から覚める時期になると
この組織で盛んに脂肪の酸化が起こり、これによって発生した熱は
毛細血管を流れる血液に伝えられて体の各部を温め
これが一定の温度になると冬眠から覚めるのです
人の体にも褐色脂肪細胞があり、うなじ、脇の下、肩甲骨の間に
合わせて約40gという少ない量ではありますが分布しています

 その発熱量は、筋肉の70~100倍にもなります
 

 

 

この部分が寒冷刺激など交感神経への刺激が加わると

褐色脂肪細胞の活性度が上昇し、
白色脂肪細胞の余分な脂肪が分解され
そのときに生じた遊離脂肪酸が褐色脂肪細胞に取り込まれて
熱として体外に放出されるのです パワープレートは、
3次元振動で効果的に筋肉を鍛え、脂肪が燃えやすい体をつくり
血行を改善して、体温を上昇させ代謝を上げます
また褐色脂肪細胞を刺激して、その効率をより高めてくれます

脂肪吸引や急激なダイエットは、

ホルモンバランスを崩しかねないため
安全とは言えません
やはり、きちんとした食事制限と効果的な運動を行って
過剰な脂肪の蓄積を抑えることが健康でいるために重要です!
肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)