ホーム > 記事 > トレーナー向け > 油と脂の違いを知って健康に!

油と脂の違いを知って健康に!

2018年9月4日

カテゴリ

油、脂の違いとは

 

これらの構造は基本的には同じで

アルコールの一種であるグリセロールと

3つの脂肪酸が結合したものですが

この脂肪酸に違いがあります

油は常温で液体のもので

脂は常温で固体のものを指します

脂肪酸は、構成している炭素の数によって

長鎖脂肪酸(炭素数13以上) 

中鎖脂肪酸(炭素数5~12)

短鎖脂肪酸(炭素数2~4)に分かれます

長鎖脂肪酸は小腸粘膜上皮細胞から吸収されて

アポたんぱくと結合してリンパ管を通り

左の鎖骨下静脈という血管から心臓を通して

大循環系に入り、脂肪滴として

脂肪細胞の中に蓄えられ

体脂肪や筋肉のエネルギーとして

使われます

それに対して中鎖、短鎖脂肪酸は

同じく小腸粘膜上皮細胞から吸収されますが

リンパ管ではなく上下の腸間膜静脈という血管に入り

門脈から直接肝臓に運ばれます

ですから中鎖、短鎖脂肪酸の油を使うと

 
身体に脂肪(体脂肪)が付きにくいと言われるのです

また、脂肪酸は、炭素がすべて一重の結合で

つながっているも飽和脂肪酸と

炭素の結合の中に1か所以上の二重または

三重結合がある不飽和脂肪酸に分かれます

・必須脂肪酸

私たちの体内で合成できずに

食物から摂取しなければいけないものを

必須脂肪酸と言います

ヒトの必須脂肪酸はすべて植物や

魚の油の材料となる不飽和脂肪酸です

主なものは

リノール酸
アラキドン酸
α‐リノレン酸
エイコタペンタエン酸
ドコサヘキサエン酸
があります

・脂、油の役割

細胞膜の材料になる

グリセロールと3つの脂肪酸のみで

できている脂質を単純脂質

それ以外の物質も含まれているものを複合脂質と言い

複合脂質の中のリン脂質は

私たちの細胞膜の材料になっています

脳、神経系の機能を保つ



脳は脂質が体内で最も多く
大脳の髄質には約55%

皮質には約30%は脂質でできています

また神経ネットワークの構築にも

リン脂質が重要な役割をしています

体温を維持し臓器を守る


食物から摂取した栄養素の一部は,肝臓で単純脂質である中性脂肪に合成され

この中性脂肪が脂肪細胞中に蓄えられたものが体脂肪です

体脂肪は、熱伝導が低く体温を保持する役割を果たすとともに

また弾力性があることから内臓を守る緩衝剤になります

肌、髪の健康を保つ

毛穴に付随している皮脂腺は皮脂を分泌して、汗と混じることで

クリーム状の皮脂膜となって外部の様々な刺激から肌や髪を守ります

血液、モルモンの材料になる

血液の成分である赤血球、白血球も細胞であるため

リン脂質からできています

また副腎皮質ホルモンや性腺ホルモンのような

ステロイドホルモンは

脂質の一種であるコレステロールからできています

細胞を認識する標識になる

細胞膜の一部にはリン脂質と

糖質が結合した糖脂質があり

それぞれの臓器の細胞によって

微妙に異なるために

各々の細胞の標識の役割をしています

また生理活性物質のレセプターとしても

機能します

エネルギー源になる

脂質は糖質、たんぱく質に比べて

エネルギー効率が高く

1gで9kcalのエネルギーを

蓄えることができます

脂質を考えた食生活

脂質にはこれらの重要な役割がありますが
もちろんなんでも摂りすぎはよくありません

過剰な脂質が身体に及ぼす悪影響は

多くの方がご存じだと思います

現在の欧米化した日本の食事は

脂質を摂取しすぎる傾向がありますので

脂質の種類に対する知識を持って

摂取するように心がけ、余分な体脂肪には
組み合わせて健康な身体をつくっていきましょう
栄養カウンセリングで最適な栄養摂取をアドバイスしてくれるスタジオは

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

次世代フィットネスマシン、パワープレートについては

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

お問い合わせは
こちらから

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)