ホーム > 記事 > 健康 > 甘いものを食べ過ぎると骨粗鬆症に!?

甘いものを食べ過ぎると骨粗鬆症に!?

2016年8月6日

カテゴリ
タグ

 

 

 

 

甘いものとカラダの酸性化

私たちの身体は、皮膚表面が弱酸性

体内は弱アルカリ性に保たれています。

皮膚が弱酸性なのは、洗顔料などの宣伝でよく耳にしますが

体内は弱アルカリ性だということは意外と知られていません。

実はこの中と外のバランスが私たちの健康を保つ上で

非常に重要になります。

 

甘いものを食べ過ぎたり疲労が蓄積すると

身体は酸性に傾いてしまいます。

この状態をアシドーシスと言い、ひどくなると

眠気、吐き気や脱力感などの症状が出てきます。

この状態では危ないので

体は、再び弱アルカリに戻すための

反応を起こします。

働きを持っているのがカルシウムです。

そのため、カルシウムを調達するために

骨からカルシウムを溶かし出すことで

血中pHを調整しているのです。

ですから、このような体が酸性に傾く生活を送っていると

知らず知らずのうちに骨が弱くなってしまっている

可能性があります。

そうなると、サプリメントなどでカルシウムを補えばいいのでは?

という考えが出てきますが、実はそれはそれで問題があります。

正常では、血管の中に余ったカルシウムは再び骨に吸収されますが

持続的に酸性化するような状態や

カルシウムが過剰な状態が続いていると

再吸収される時間が無くなり

血管壁に沈着して、硬い血管、いわゆる動脈硬化になります。

この現象は、本来定着すべきではない部分に

カルシウムが存在していることから

異所性の石灰化と呼ばれています。

私たちの体は、急激な変化を好まないため

体内を一定に保とうとする恒常性維持機構(ホメオスタシス)を持ち

血中にカルシウムが大量にある場合は

それを排出しようと腎臓に送ります。

しかし一方では、カルシウムを排出したことによって

再び体が酸性に傾くことから

骨からカルシウムの融解が起こり、今度は骨量が低下してしまいます

さらに過剰なカルシウムは結石症の原因となり

腎臓結石や尿管結石に繋がります。

 

動脈硬化の状態を調べる血管年齢検査については

⇒コチラ

 

現代の20代女性の骨量は平均の3分の1!?

現代人の20代女性の骨量は、約3分の1が平均以下しか無く

その原因の多くは甘い物の食べすぎによる体の酸化があります。

骨粗鬆症

甘いものは炭水化物に分類されますが
米などの炭水化物は糖がいくつも結合したものなので
口に入れて噛んでいるうちに消化液と混じり合って
少しずつ分解されて甘味を感じるようになります。
砂糖のようにはじめから分解されていて
甘いものはすぐに吸収されるので
いきなり血糖値を上げてしまい
血糖値を下げるためのインスリンが大量に分泌されて
すい臓や副腎にも負担をかけてしまいます。
寝ても疲れが取れない、朝起きられない、気分が落ち込むという症状がある方は
副腎疲労が背景にあるかもしれません。
副腎疲労について詳しく知りたい方は

骨粗鬆症を予防するために

骨密度の減少は特に閉経後の女性に多いのですが

その理由は女性ホルモンに骨の代謝をコントロールする働きがあるためです。

閉経によって骨破壊のサイクルが早まってしまい

骨密度が急激に低下する傾向があります。

 

現在の基準では70歳になると、ほぼ100%骨粗鬆症と

診断される骨密度になってしまいます

しかし、これは骨粗鬆症に対する対策をしなかった場合で

これを予防する方法があります。

それが運動です。

骨の役割はいくつかありますが

その中で特に重要なものが、身体を支えるということです。

そのため、骨は重力がかかっていると

それに抵抗しようとして、骨の形成がアップします

 

1.パワープレートで骨粗鬆症を防ぐ

パワープレート 骨粗鬆症

 

パワープレートの特徴は
体に3次元ハーモニック振動と呼ばれる高速の振動をかけることで
体にかかる重力を増すことができるということです。

 

骨に重力がかかると、骨へのカルシウムの吸収が促進され

血中に過剰なカルシウムが流れ出すのを防ぐことができます。
したがって筋力アップだけでなく、
骨密度を高めることが可能なのです
これらの効果が評価されて、
パワープレートはNASAでも導入されています!
3次元ハーモニック振動について詳しく知りたい方は
 
現在のNASAの取り組みは
火星への有人飛行をどのように達成するかというものです。
火星と地球の往復には約6年の歳月がかかるそうで
その間、無重力の空間の中でどのようにして
筋力や骨量を維持していくのかが課題となっています。
そのトレーニングとして選ばれたのが
加圧トレーニングとパワープレートです。
骨粗鬆症
普段の運動習慣にパワープレートを取り入れることで
老化による骨量、筋量、内臓機能の低下
防ぐことができます。
パワープレートが骨密度に与える影響を調べた論文は

2.抗酸化物質の摂取

骨粗鬆症を防ぐために

甘いものを食べることを極力控えるべきですが

どうしても食べてしまうこともあると思います。

そのような時に、自分自身の骨を削って
酸化を抑えるのではなく
外から抗酸化物質を入れてあげることも
非常に重要です。
ビタミンA、C、Eといったビタミンは強い抗酸化力があります。
スタジオレゾナンスで扱っているドクターズサプリのビタミンA+C・Eは
抗酸化ビタミンに加えて
・ルテイン、ゼアキサンチン
→強い抗酸化作用で紫外線やブルーライトから
網膜を守り白内障や黄斑変性症などを予防する。
・亜鉛
→ビタミンA代謝のサポート、髪や肌の健康維持
筋肉の発達のサポート
・セレン
→有害物質の除去、強い抗酸化作用
などの抗酸化物質をバランスよく配合しており
普段の食事で補いきれない部分をカバーしてくれます。
前述しましたが、疲れが溜まっている時にも
身体は酸化しますので、そのような場合にも
摂ることをおススメします!
抗酸化物質
運動と正しい栄養摂取という将来への投資で
骨粗鬆症を予防し
いつまでも自分の脚で歩ける身体をつくりましょう!

初めての方限定のご案内

「パワープレートレッスンで骨粗鬆症を予防したい!」

 

という方は初回限定のお得なクーポンをぜひご利用ください!

パワープレート・パーソナルトレーニング

エッセンシャルプロテイン 購入

不眠 寝つきが悪い

肩こり・腰痛・不定愁訴に有効な国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方

⇒コチラ

福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

代々木公園、代々木八幡、新宿、渋谷エリアで人気の治療院・パーソナルトレーニングは

⇒コチラ

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)