ホーム > 記事 > パワープレートについて > アクセラレーショントレーニングとは?

アクセラレーショントレーニングとは?

2019年5月17日

カテゴリ

トレーニングをして筋肉量を増やすためには、筋肉に負荷を与えて

 

より大きな負荷に耐えられるように訓練していくことが必要です。

 

ですから筋力トレーニングのマシンというと

 

重りをつけて筋肉に負荷を与えて鍛えていくものが一般的です。

 

 

 
 
このようなトレーニングはレジスタンストレーニング(抵抗トレーニング)
 
 
と言われており現在でも多くがこのトレーニング方法で行われています。
 
 
 

全く新しいトレーニング理論

  これに対してパワープレートは

 
アクセラレーショントレーニング加速度トレーニング
 
という方法で筋力を強化します。
 

ニュートンの運動第2法則において

 

F(力)=m(質量)×a(加速度)

 

という公式が成り立ちますが

重りを持つ従来のトレーニング理論(レジスタンストレーニング理論)では

公式のm(質量)を増やしてF(力)を増やしているのに対し

アクセラレーショントレーニング理論では

振動で物体を加速させることでa(加速度)を高めて

負荷を上げています。

これにより、重りを持たずに負荷をかけることが可能になりました。
そのため危険が少なく、高齢者やケガのリハビリなどでも安心して
行うことができます。
高齢者へのパワープレートの症例は

なぜ加速度でトレーニングができるのか

 
加速度を与えると筋肉への負荷が高まる理由は
 
次のように捉えると分かりやすいと思います。
 
例えば、地面に向かって物を落として
 
地面により大きな力を加えるにはどうするべきかと考えたときに
 
より重たいものを使って地面にかかる力を増やそうとするのがレジスタンストレーニング。
 
 
重さはそれほどなくても、り高いところから物を落として加速させることで
 
地面に与える力を高めるのがアクセラレーショントレーニングです  。
 
 
この地面を筋肉と考えるとどちらの方法でも筋肉に負荷がかかっていることが分かります。
 
 私たちの体には1Gという重力が働いており
 
加速度が加わると重力は増していくという働きがあります
 
例えばジェットコースターに乗って
 
坂を下って再び上る時に体が上から押し付けられるような感覚があると思います。
 

 

これが重力が増している状態です 。

 

パワープレート上では、一番弱い負荷でも
 
1.8G (体重の1.8倍の物を持っているのと同じ状態)の 負荷をかけることができ
 
最大で6.3Gまで負荷を高めることができます 。 
 
レジスタンストレーニングでは
 
重りを持っているため速い動きを鍛えることが難しいのですが
 
アクセラレーショントレーニングでは高速の振動により緊張性振動反射が起こり
 
1秒間に30~50回という速さで筋肉が動くことで
 
反射能力が高まり 速い動きが必要なアスリートや高齢者の転倒予防などにも対応できると共に
 
トレーニングの効率化による時間の短縮が可能になりました。
そのためパワープレートトレーニングは15分で
 
 ジムトレーニング1時間相当の運動量になるのです。
 
ぜひ一度パワープレートのアクセラレーショントレーニングを
体験してください。
代々木公園、代々木八幡エリアで人気のパワープレート専門スタジオは

⇒コチラ

パワープレートと類似品の違いは

⇒コチラ

パワープレートの副作用については

⇒コチラ

パワープレートのご購入を検討されている方は

⇒コチラ

パワープレートダイエット無料モニター

⇒コチラ

 

カイロプラクティックと整体の違いについては

⇒コチラ

 

エルクレストグループについて

⇒コチラ

 

睡眠の質でお困りの方は

⇒コチラ

24時間受付
体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)