ホーム > カイロプラクティック > 自律神経の乱れ

自律神経の乱れ

自律神経とは

自律神経は、末梢神経の一つで交感神経、副交感神経に分かれ体温の調節、内臓の働きの調節、ホルモンの調節、免疫機能の調節など私たちが生きていくうえで必要な様々な働きを調節しています。

 自律神経が関わる症状


自律神経の問題が引き起こす症状は非常に多岐に渡りますがよく見られるものとして以下のようなものがあります。

  • 動悸や息苦しさ
  • 下痢、便秘などの内臓機能低下
  • 生理痛、生理不順睡眠障害(入眠障害、中途覚醒、日中の眠気)
  • 湿疹などの皮膚トラブル
  • 慢性疲労
  • 気分の落ち込み
  • 冷え性

これらの症状は医療機関で検査をしても異常が無いことがあり、多くの方が悩まれている問題です。また長い間薬を飲んでいるにも関わらず、症状が改善しないというケースもあるようです。
このような状態では、自律神経の機能が低下していたり、バランスが崩れていることが原因になっている場合がほとんどです。

自律神経機能を測定した的確なアプローチ


当院では、自律神経機能を測定する検査機器(TAS9)を使い、普段見ることの出来ない自律神経の状態を客観的に把握することで、主観的な主訴と合わせて施術の方針を立てていきます。

  • TAS9:測定時間内の心拍変動を分析することで、自律神経の活動能力や肉体疲労度を算出する機器で、東京大学、慶応大学医学部、筑波大学などで導入されています。


測定で得られた情報を元に、カイロプラクティックでは背骨のゆがみによって中を通っている神経が影響を受けて機能が低下すると考えていますので、どこでその問題を起こしているのかを評価していきます。

ご自身の自律神経の状態を知ることで、生活習慣をどのように改めていけば良いのかという手がかりを得ることもできますので、治療と合わせて普段の生活で意識すべきポイントなどもアドバイスさせて頂きます。

カイロプラクティックから見た自律神経


カイロプラクティックでは、後頭骨~第5頸椎、骨盤から出ている神経が副交感神経、第6頸椎~第5腰椎から出ている神経が交感神経であるとしています。

交感神経と副交感神経のどちらに問題があるかによって症状は変わっていきますので、様々な検査を通して問題のある部分を特定して、調整をしていきます。

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)