ホーム > 記事 > 症例 > パワープレート症例 > ダイエット症例 -内臓脂肪の減少-

ダイエット症例 -内臓脂肪の減少-

2018年2月24日

カテゴリ

50代男性の症例です

レゾナンスに通い出した目的は、趣味でやられている格闘技の

パフォーマンス向上とダイエットでした。

既往歴は特にありませんでしたが

普段から肩こりと背中のハリがあるということで

パワープレートに加えて、カイロプラクティックも併せて行いました。

 

プログラム内容

ダイエットの目標が当初の75.6㎏から60㎏台に持っていきたいということ

筋肉量を減らしすぎることなく

内臓脂肪や体脂肪を減らしたいということでしたので

より早く安全に効果を出すために

食事指導も含めたプログラムであるアクセラレーションダイエットの

ベーシックプログラムで行っていくことにしました。

週1回の来店をお願いし、カイロプラクティックで

全身の筋肉や関節のバランスを整え、動きやすい状態をつくった上で

パワープレートでスクワット、プランク、ベントロウを中心とした

メニューでプラスαで腹部トレーニングを追加していきました。

食事指導として、1日1~2食をレゾナンスで扱っているダイエットスープに

置き換えて頂き、適切なタンパク質量、ビタミン、ミネラル量をキープしながら

糖質を制限していきました。

結果

今回のダイエットの結果を見てみると

体重は2カ月半で7.2㎏と大幅な減量に成功しただけでなく

内臓脂肪、体脂肪率共に停滞期無く、減少し続けています

これだけの減量をすると、筋肉量も大幅に減少してしまいますが

今回は、普段使えていない筋肉はそぎ落とし

格闘技で必要な筋肉の減少は最小限に抑えました。

そのおかげで、この方自身も「とても身体が軽くて動きやすくなった

体調が良くなった」とお話しされていました。

身体の大きさを示すBMI値も肥満のラインを言われる25を切って

正常の範囲になりました。

写真をご覧なっていただくと、腹部の脂肪が大きく減っているのが

お分かりいただけると思います。

腹部にある内臓脂肪は、その中にある脂肪細胞が

生活習慣病の元になる悪玉ホルモンを放出するため

肥満の方は健康になるために、早く内臓脂肪を減らす必要があります

当初はXLのウェアを着ておられましたが、3カ月後はMサイズでも

ゆとりが出るまでになりました。

ダイエットから健康づくりへ

私たちは、ダイエットは健康に対する意識をつくるための入り口だと思っています。

ダイエットを始める時には、見た目をカッコよくしたいとか

好きな服が着れるようになりたいといったような外見を重視した目的で

始められる方が多いですが、最終的には肥満が原因となって

メタボリックシンドロームのような病気になることが

どれだけ怖いことかということをダイエットを通して知って頂き

自分に合った適切な食事量や栄養バランス、運動習慣を

身につけて頂くことが私たちの願いです

ダイエット無料カウンセリングは

⇒コチラ

ダイエット、生活習慣病でスピーディに結果を出したい方は

⇒コチラ

代々木公園のパワープレート専門スタジオは

⇒コチラ

ダイエット専門サイトは

⇒コチラ

末梢血管循環検査をご希望の方は

⇒コチラ

自律神経機能検査をご希望の方

⇒コチラ

国際基準カイロプラクティックの治療をご希望の方
福利厚生倶楽部にご加入の方

⇒スタジオレゾナンスで検索

エルクレストグループについて

⇒コチラ

自律神経の不調が改善した症例は

⇒コチラ

 

 

24時間受付 体験・初診の
ご予約はコチラ

月~金 10:00~14:00、15:20~20:00(最終受付) 土、日 10:00~14:00、15:20~18:40(最終受付)
(休診時間 14:00~15:20)